海外旅行でのesim、Holafly(オラフライ)の使い方

こんにちは、深谷花園プレミアムアウトレットからお車で15分の距離にあるベビー・子供服のセレクトショップ「yonka」です。今日は昨日に引き続き、Holafly(オラフライ)について。
今日は実際に飛行機に乗って、海外についてから行う作業を書いていこうと思います。

作業と言っても、とってもシンプル!なので、是非興味のある方は最後までお読み頂けましたら嬉しいです。

Holafly(オラフライ)の使い方

昨日書いた内容で今あなたの携帯端末には既にesimが入っていてこのような状態になってるかと思います

実際に海外についたら、
①設定→②モバイル通信→③Holafly(オラフライ)の回線をON→④データローミングをON

たったコレだけ!!

ヨーロッパ横断の際も、例えばフランスからスイスに電車で国境を超える前に、フランスで電波があるうちにスイスのesimをHolafly(オラフライ)で購入しておきます。

これで急な移動や国境を越えての旅行中もなんのトラブルなく通信を行う事ができます。
LINEやInstagramなどのアプリも問題なく使うことができました。
yonkaスタッフとのやり取りもLINE電話で連絡とったりできたので、お互いに良かったなと思います。
通信環境も現地の方の携帯端末より良いくらいでした!w

ノンストレスでサクサク調べる事も出来ました。

日本ではまだまだ馴染みがない分、いろいろと不安だったりしましたが、それよりも好奇心の方が勝ってしまいどうしても試してみたかったesim。
使ってみた結果、めちゃめちゃ良かったです!

今月末、またヨーロッパに行く予定があるんですが、その時もまたHolafly(オラフライ)にお世話になる予定です!

補足情報

補足情報ですが、例えばヨーロッパの旅でもともと一つの国にとどまる予定のない方は【ヨーロッパ】のesimを購入されるといくつも買わなくて済みます。

オーストリア、ベルギー、ブルガリア、キプロス、クロアチア、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、アイスランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、ノルウェー、オランダ、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、イギリス、チェコ、ルーマニア、スウェーデン、スイス、ウクライナの欧州30カ国以上においてデータ通信が利用できるプランです。

料金も5日で2400円。10日で4400円。
データ通信無制限で、これ以上にかかる料金もないのでかなりお得です。
ポケットWi-Fiをなくしたり、返却する手間もいりません。
是非みなさんも旅行で行きたい国で検索してみてください♩
格安料金に驚くはずです!

ヨーロッパ向けのプリペイドeSIM:無制限のモバイルデータ – Holafly

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人